パワーポイントのテーマを使いこなす

パワーポイント2007以降の新機能として
テーマ
というものがあります。

しかしこの「テーマ」という機能。
いろいろ盛り込んでいるので、
わけがわからなくなりがちです。

そこで、今回は「テーマ」をじっくりと解説しますので、
しっかりと理解して使いこなしてくださいね。

まず、テーマは
・配色パターン
・フォントパターン
・スライドマスタ
の3つの要素を含んでいます。

たとえば、Aテーマには
・A配色パターン
・Aフォントパターン
・Aスライドマスタ
が含まれるわけです。

逆に
・A配色パターン
・Bフォントパターン
・Cスライドマスタ
をまとめて、Dテーマ、としてもOKです。

つまり、
・配色パターン
・フォントパターン
・スライドマスタ
を個別に設定して、さらにその組み合わせを
ひとくくりにまとめたものが「テーマ」と
理解するとわかりやすいと思います。

ですから、新しい「テーマ」をつくるというのは、
新しい配色パターン、フォントパターン、スライドマスタを
つくるということなのです。

そして、新しい配色パターン、フォントパターン、スライドマスタを
まとめると、新しい「テーマ」になるということです。

これが理解できていないと、
テーマを使いこなせません。

あなたもしっかりとパワーポイントのテーマを理解して
使いこなしてくださいね。

なお、配色パターン、フォントパターン、スライドマスタのことは
パワーポイントで配色を効果的、効率的に設定する
パワーポイントでフォントを効果的、効率的に設定する
スライドマスタとレイアウトの基本
が参考になりますよ。


【スポンサーリンク】


【他にこの記事がよく読まれています】

 

 

 

twitterへRTするRTする | プレゼンマスターをtwitterでフォローする@presenmasterをフォロー | 2011/07/15

【前後の記事】

→ パワーポイントのテーマを使いこなす ←

プレゼンマスターメルマガ

元外資系企業のコンサルタントが明かす、たった30分でアナタのプレゼンテーションが見違えるビジネスの秘訣。パワーポイントのテンプレート・素材・裏技も解説。明日、来週のプレゼンに向けて、アナタのプレゼンが30分で見違える!ための極意を解説していきます。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら
自分で苦労するよりも、プロに資料作成を依頼しませんか?
結果を出すことを追及したプレゼンパワーポイント資料作成代行サービス。一か月5社限定で62%OFFの「まるごとおまかせパック」実施中、完全満足保障付です!

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら

プレゼンマスター:パワーポイントの裏技解説の目次一覧