プレゼン「万が一」に備える

もし重要なプレゼンで

・プロジェクターが使えなくなったら
・プレゼンで使うパソコンが壊れたら
・出席者が予想外に多く資料が足りなくなったら

アナタならどうしますか?

そんな「万が一」に備える心構えを教えましょう。

それは、

■準備が無駄になったら、大成功

これは、私が師と仰ぐ尊敬する方から教えてもらったことなのですが
こういうことなのです。

万が一のトラブルに備えて、できる準備はなるべくしておく。
なにもトラブルが発生せずに、そのための準備が
無駄になったとしてもそれは喜ぶべきことだ。
トラブルのための準備が無駄になった、ということは
大成功した、ということなのだから。

もし今準備しているプレゼンが非常に重要なのであれば
起こりえるトラブルに備えて準備しておきましょう。

例えば

・もしプロジェクターが使えなくても説明できるように
 必ず紙でも用意しておく
・もしプレゼンで使うパソコンが壊れてもいいように
 予備のパソコンを用意しておく、
 USBにプレゼンで使うファイルをコピーしておく 
・もし出席者が予想外に多く資料が足りなくなった場合に備え
 少し資料は多めに用意しておく

備えあれば憂い無しです。


【スポンサーリンク】


【他にこの記事がよく読まれています】

 

 

 

twitterへRTするRTする | プレゼンマスターをtwitterでフォローする@presenmasterをフォロー | 2008/03/02

プレゼンマスターメルマガ

元外資系企業のコンサルタントが明かす、たった30分でアナタのプレゼンテーションが見違えるビジネスの秘訣。パワーポイントのテンプレート・素材・裏技も解説。明日、来週のプレゼンに向けて、アナタのプレゼンが30分で見違える!ための極意を解説していきます。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら
自分で苦労するよりも、プロに資料作成を依頼しませんか?
結果を出すことを追及したプレゼンパワーポイント資料作成代行サービス。一か月5社限定で62%OFFの「まるごとおまかせパック」実施中、完全満足保障付です!

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら

プレゼンマスター:パワーポイントの裏技解説の目次一覧