レーザーポインターは使うべき?使わないべき?

レーザーポインターや指示棒を
使う人ってどう思いますか?

いや、正直なハナシ。

プレゼンを聞くほうとしては
ちょっとムカつきませんか?

まあ、使い方にもよると思うんですけどね。

私の場合、レーザーポインターはあまり使いません。

というよりも、レーザーポインターはなるべく使わないようにして、
それよりも、手で直接指し示すように心がけています。

そのほうが、礼儀正しいというか、
丁寧というか、誠実な気がしませんか?

そんな私でも、レーザーポインターを使うときがあります。

そう、レーザーポインターを使うべき時と
使わないべき時の基準がはっきりしているんですね。

その基準とは?

■手で指し示せる時は、レーザーポインターはなるべく使わない
 手で指し示せない時は、レーザーポインターを使うしかないので使う

ということです。

聞けば、なんだ、と思われるかもしれませんが
話しているところと、プロジェクターで投影しているところが
遠いとレーザーポインターを使った方がいいですよね。

いちいち話しているところから、
手で指し示すために移動するよりは、
レーザーポインターを使ったほうがスマートです。

大きな会場でセミナーなどを開催するときなども
レーザーポインターを使ったほうがいいですよね。

というか、指し示すためには
レーザーポインターを使うしかないですよね。

それ以外は、なるべくレーザーポインターを使わずに
手で指し示すようにしている、ということです。


【スポンサーリンク】


【他にこの記事がよく読まれています】

 

 

 

twitterへRTするRTする | プレゼンマスターをtwitterでフォローする@presenmasterをフォロー | 2008/02/20

【前後の記事】

→ レーザーポインターは使うべき?使わないべき? ←

プレゼンマスターメルマガ

元外資系企業のコンサルタントが明かす、たった30分でアナタのプレゼンテーションが見違えるビジネスの秘訣。パワーポイントのテンプレート・素材・裏技も解説。明日、来週のプレゼンに向けて、アナタのプレゼンが30分で見違える!ための極意を解説していきます。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら
自分で苦労するよりも、プロに資料作成を依頼しませんか?
結果を出すことを追及したプレゼンパワーポイント資料作成代行サービス。一か月5社限定で62%OFFの「まるごとおまかせパック」実施中、完全満足保障付です!

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら

プレゼンマスター:パワーポイントの裏技解説の目次一覧